自由の女神内部2001年9月11日以前は自由の女神像の王冠まで354段の細い螺旋階段を利用して登ることができた。現在像の中には入れなくともエレベーターと階段24段で台座のガラス張りの天井から像の内部構造を覗くことができる。自由の女神を支える鉄鋼構造は、エッフェル塔を造る前のエッフェルによって建造された。王冠まで登る感激と比べるとこんなものかと思うが、それでも内部に入ったという実感は味わえる。またこの台座の展望台は高さが40メートルはあるので、ここからの眺めは素晴らしい。もちろんマンハッタンも望める。また台座の中にある博物館も自由の女神にまつわるものが展示されていて興味深いので、ざっとでも見る価値はある。


自由の女神の入場方法
自由の女神入場パス手配