ニューヨークへ仕事に来た人、また観光中でもメールを欠かさず確認しなくてはいけないという人は、ノート型パソコンを持参することだと思うが、そこまではしなくても気になるという人は多いはず。読むだけならほとんどのインターネット・カフェで可能だ。お金を払いたくないという人は、ソーホーにあるアップル・ストア−に行けば、無料でメール・チェックができる。アップル・ストアはその為にパソコンを置いているわけでないが、製品確認の為に置いてあるパソコンでメールを確認している人は多い。マックは読むことだけなら日本語も可能だ。しかしメールを日本語で送るのには、ソフトが日本語設定してないとダメで、かつて私が確認した時は無理だった。苦肉の策は、ローマ字で書くという方法もある。しかしインターネット・カフェでは日本語メイルを送れるところも多い。その一つは、エンパイア・ステイト・ビルの近く、Internet Cafe & international Calling Center(3 East 33rd Street between 5th Avenue and Madison Avenue)がある。15分$1、1時間$3と長く利用するほど割安となる。またこのカフェでは国際電話も安い。日本まで1分25セント。日本語メールを送る必要がある人はこちらへどうぞ。

またパソコン持参の人は、ブライアント公園(6番街の42ストリート)で無料ワイヤレスが利用できる。また住宅街にいけば路上にどこからかのワイヤレスが飛んでいる。有料ならスターバックスがHOT SPOTに対応している。高級ホテルの滞在者は部屋に有料回線があったり、ホテル内のビジネス・センターで利用できる。