ディア・ビーコン美術館グランド・セントラル駅からマッハッタンの北へ列車で80分ほど行った広大な土地にアンディ・ウォーホール、ヨゼフ・ボイス、アグネス・マーティンなどのアーティストの作品を展示する世界最大級の現代美術館がディア・ビーコン美術館だ。建物は1929年に建てられたナビスコの元工場で、歴史的な鉄鋼、コンクリート、ガラスが利用された20世紀初頭の工業建築のモデルである。とにかく美術館の広さに驚かされる。

土、日曜日は美術館と駅からギャラリーや骨董品店が並ぶビーコンの街を廻るシャトル・バスも運行するので、アメリカの小さな街を観光するのもおもしろい。

個人で行くには、車があれば便利だが、なくとも鉄道で行くことができる。グランド・セントラル駅からメトロ・ノース鉄道のハドソン・ラインに乗車し、ビーコン駅で降りて、徒歩5分ほど。メトロ・ノース鉄道では乗車券と美術館の入場料を組み合わせて割引にしたセットを販売しているので、駅の窓口で、「ゲータウェイ・パッケージ」といおう。

ディア・ビーコン美術館(Dia Beacon)
開館時間:
夏季11am - 6pm(火、水曜日休)
冬季:11am - 4pm(火、水、木曜日休)
www.diabeacon.org

メトロ・ノース鉄道ゲータウェイ・パッケージ
www.mta.info



自分の好みのオリジナル・ツアーを作ろう