イエローキャブニューヨークを走る車体を黄色く塗られたタクシー、通称イエロー・キャブ。市民も観光客も気楽に利用する。2004年に、初乗り運賃やラッシュ・アワーの追加料金などが値上げされたイエロー・キャブだが、今度は渋滞時の待ち時間の料金が値上がりすることとなった。

現在渋滞時には、1分間に20セントの料金が掛かるが、この金額が2倍の40セントとなる。この渋滞時の待ち時間に掛かる料金が値上げされたのは17年ぶりという。

また現在ケネディ空港からマンハッタンまで一律$45とされていた運賃が、マンハッタンからケネディ空港へ行く場合にも適応されることとなる。これは利用者にとって魅力があると思う。

日本の高いタクシー料金と比べると、まだまだ安いが、気楽にタクシーに乗ることができる人も少なくなる。しかしタクシー・ドライバーは、ガソリン代の値上がりのため、運賃値上げを強く要求していた。

実施は来月2006年の12月から。



世界のおみやげ屋さん