タイムズスクエアニューヨークの観光の1つにミュージカル観劇がある。本場ブロードウェイの迫力を体験したいという人は多い。日本でミュージカルなど観たことがなくても、タイムズ・スクエアのネオン・サインの華やかに誘われる。

観劇するのにドレス・コードは?と時々聞かれるが、ブロードウェイはカジュアルで大丈夫。もちろん着飾っても悪くはない。オペラやクラッシック音楽はドレスアップする人が多い。しかしアメリカ文化はカジュアルが基本だ。観光客も多いので、ジーパン、スニーカー、Tシャツ、革ジャンなど自分が楽しめる服装でいい。肩苦しくなく、気楽に行きましょう。

問題は、時差の違いと観光疲れ。日本とニューヨークは標準時間で14時間。夏時間でも13時間の時差がある。この時差は日本とニューヨークでは、朝と夜がまったく逆になってしまうのだ。観光の楽しさで忘れていた眠気が、ニューヨークの夕方前には体を襲う。ここで眠気を我慢していると、劇場に入って疲れが出てくる。公演始まり合図で、劇場のライトが落ちるとともに、ぐっと寝込んでしまう。よくあるんです。せっかくの高いチケットがもったない。無理せずに、観劇前に仮眠することをお勧めします。

時差ぼけに対応するには、個人差はありますが、2、3日は掛かります。それでは滞在が終わってしまう・・・。でも無理せずに!

ミュージカルの公演時間は通常休憩15分をはさんで、2時間30分くらいです。この休憩時にトイレをというと、女性にとっては修羅場となります。ブロードウェイの劇場はとても古く、観客の多数は女性であるにもかかわらず、トイレの数は少ない。ということで女性のトイレは行列となります。公演前に準備し、公演終了まで利用する必要がないのがベスト。必要な場合は、休憩時に真っ先にトイレに向かいましょう。



Mamma Mia!: 5th Anniversary Edition