機体の重量を軽くすることで、燃費が2割良くなったというハイテクの次世代航空機ボーイング787機が7月8に公開された。すでに47カ国から677機が受注されているという人気の飛行機だ。日本からはANAが50機を購入し、2008年5月就航予定という。

この飛行機のハイテクの技術は、川崎重工など日本のメーカーが、製造の35%を受け持つなど、日本の技術が評価されて、製造に参加する割合が増加している。



AB-ROAD.net 航空券