露天商生きる為には違法と知っていても金を稼がなくてはいけない。モラルなど食べては生きて行けない。自由の国アメリカ。特にニューヨークは事柄によっては法律に甘いものがある。露店販売には許可が必要だが、まったく熱心に調べてはいない。そしてその露天商の偽ブランド品。ルイ・ヴィトンやロレックスの時計などの偽物は未だにあふれている。そして違法コピーの音楽CDや映画DVD。音楽CDが$4、映画DVDが$10ドルだ。映画など現在上映中で正規のDVDが発売されていなくても、偽物は先行販売されている。なぜか?誰かがビデオを映画館に持ち込んでスクリーンに映し出された映画を撮影してDVD化するのだ。もちろん質は悪いし、時には映画館の観客の頭が映っている。