アポロ劇場黒人の住居区ハーレム地区のメイン・ストリートの125ストリートに位置するアポロ劇場は、1914年にフルティヒ・アンド・シーモンズ・ニュー・バーレスク・シアター(Hurtig and Seamon’s New Burlesque Theatre)という名でオープンした。その当時黒人は観客として認められなかった。

1934年にラルフ・クーパー・シニアが、彼がラジオで放映していた人気番組「アマチュア・ナイト・アワー・アト・ザ・アポロ」のライブ版をアポロ劇場で開始した。

アポロ劇場からは、エラ・フィツジェラルド、サラ・ボーン、ビリー・ホリデー、ベン・E・キング、ジェームズ・ブラウン、スティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソン、ローリン・ヒルなどがスターへの足がかりとした。

希望の木(Tree of Hope)は、元々ハーレム・ラファイエット・シアター前、夢の並木道と呼ばれた7アベニューの131と132ストリートの間に植えられていた。黒人のパフォーマーの間では、この木はその枝の下に立つ者に幸運をもたらすと信じられた。アポロ劇場がオープンする1934頃に、7アベニューは拡張工事の為に他の木とともに移動された。



ザ・レジェンド・オブ・モータウン ライブ・アット・ジ・アポロ・シアター 1985 [DVD]
ザ・レジェンド・オブ・モータウン ライブ・アット・ジ・アポロ・シアター 1985 [DVD]
クチコミを見る