ハミルトン・グレインジ建国の父の1人で、ニューヨークの近代化に貢献した初代財務長官アレキサンダー・ハミルトンの家が老朽化のため、現在近くのセント・ニコラス・パーク(St. Nicholas Park)に移動され、修復されている。

ハミルトンが第3代副大統領のアーロン・バートの決闘で負った傷の為に死去する2年前の1802年に建造され、1893年に道路整列の為に、Convent Avenue と141ストリートに動く。また1890年代隣接する教会に寄付されている。

建設当時アメリカで1番のお金持ちと言われた彼のこの邸宅は、18部屋。修復予定の2009年に博物館とメモリアルになる。