スタンダード・ホテル現在ニューヨークで最も人気のある地区の1つが、かつて食肉市場だったミート・パッキング地区だ。

古い建物に洒落たレストランやブティックが並び、週末は昼間も夜も人であふれている。ここ数年話題であったが、さらに今年夏前に、昔の貨物線路高架を公園にしたハイラインが完成し、人気に拍車がかかった。

この公園、ハイラインからはハドソン川を望めるし、チェルシー地区の街並も楽しめる。地元の人も観光客にも散歩には絶好の場所だ。そして・・・・

ハイラインの最南部に股がって建っているのが、18階建てのスタンダード・ホテル。折角のハイラインの景観を壊しているということもありますが、またおもしろい建築でもあります。なによりこのホテルに滞在する人は、ハドソン川のみならず、ハイラインを上から眺められるので楽しいことでしょう。

最近タブロイド紙などで話題になっている理由の1つは、このホテルには、眺めるのが好きな人だけでなく、眺められるのが好きな人もいるようです。通常観光客などは羨望の目でこのホテルを眺めますが、ホテルの大きな窓を通して、宿泊者が裸で歩いていたり、踊っているのが見えるとなると、その目も変わります。

地元の人は、この地区にふさわしくないと抗議していますが、ホテルはまったく気にせず、むしろこの話題がホテルの宣伝になると考えているようです。