飛行機アメリカの客扱いには、うんざりとさせられることは多い。最近問題になっていることの1つが飛行機に関すること。

飛行機が世界の距離を短くしたことは多いに賞賛すべきことだが、飛行機が遅れた、荷物が紛失したなど、トラブルは多い。問題はそのトラブルに対する客への対応が満足できないことである。

4月29日より、アメリカ国内線の飛行機が、飛行場のエプロン(待機場)で3時間以上待機した場合、乗客1名につき最高27,500ドル、200名の乗客の飛行機で最高550万ドルの罰金が課せられる、という規則の適応が開始された(但し、安全と防犯の為の理由は除く)。

また、飛行機が到着後、又はゲートから離れた後、2時間以内に食べ物と飲み物が提供されなくてはならないことと、トイレの使用が可能とならなくてはならないことも規則に加えられている。

この罰金を避ける為に、航空会社の対応が向上することを望む人は、多いでしょう。

フライトの発着が多い為に、遅れが多い空港の1つケネディ空港。今年から滑走路工事が始まり、フライトの遅れが起きているので、航空会社としては、頭が痛いところ。

昨年3時間以上の間、飛行場のエプロン以外で待機していた飛行機は、ケネディ空港196フライト、ラガーディア空港55フライト、ニューワーク空港36フライトとなっている。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】