ガバナー島マンハッタン、スタッテン島、リバティ島、エリス島など、ニューヨーク湾には幾つもの島がありますが、マンハッタンから近いのにほとんど知られていないのが、ガバナーズ島です。

ニューヨークの海上防衛の為に、かつてはアメリカ海軍とコースト・ガードが利用していた島です。2003年にニューヨーク州に返還され、現在毎夏いろいろなレクレーションが行われています。

今年2010年はすでに6月5日から毎週末に、一般開放されています。

まずは、自由の女神が間近に見ることができます。
もちろんマンハッタンの景色も素晴らしいです。

あまり大きい島ではないですが、自転車を借りて島を廻ることをお勧めします。
金曜日はレンタル代が無料です。

アートの展示も開催され、ミニチュア(パター)・ゴルフ、ピクニックなど、家族で楽しめるたくさんの行事があります。

行き方は、マンハッタン最南端のスタッテン島行きフェリーの横のターミナルから出発します。フェリー代は無料です。
金曜日は、10amから3pmまで1時間に1本。
土、日曜日は、10amが始発で、11amから5:30pmまで30分に1本。

または有料のウォーター・タクシーで行くこともできます。

ガバナーズ島
期間:2010年6月5日から10月10日までの金、土、日曜日
http://www.govisland.com