バーゲンセール2011年4月1日より、1品$55未満の服靴に関し、ニューヨーク州の消費税4%と通勤税0.375%が免除となりました。

ニューヨーク市では、$110未満の服靴に関し、市税(4.5%)は徴収しないので、1品$55未満の服靴は無税、$55から$110未満は4.375%(ニューヨーク州の消費税4%と通勤税0.375%)、$110以上は8.875%の消費税(ニューヨーク州の消費税4%と通勤税0.375%とニューヨーク市税4.5%)となります。

この特別措置は、2012年3月31日まで適応されます。
2012年4月1日からは、2010年10月1日以前のように、$110未満の服靴はニューヨーク州の消費税4%と通勤税0.375%が免除に戻りますので、ニューヨーク市では$110未満の服靴は無税となります。

2010年10月1日からニューヨーク州の財政赤字軽減の為の特別措置として、$110未満の服靴の無税が撤廃され、ニューヨーク州の消費税4%と通勤税0.375%を徴収されるようになりました。

服靴の免税を実施していないニューヨーク州の地区では、地区税は換算されます。
*ウッドベリー・コモンでは、$55未満の服靴でも地区税4.125%が掛かります。