The Plaza food Hallチップという習慣は、日本人には煩わしいものである。
しかしアメリカの慣習なので、レストランでは給仕人にチップを渡さなくてはいけない。
彼らの主な収入源なのである。

彼らはもちろんプロフェッショナルであるから、特に高級レストランほど丁寧である。
メニューを持ってきてくれた時に、本日のスペシャルなどを長々と話してくれる。
しかし店によっては給仕係りは、そのスペシャル、どころか働くレストランのメニューを味見をしたことがないということも珍しくない。
彼らの賄いは、早く簡単に安く調理されるものが多い。

またメニューには料金が載っていても、口頭の説明される、その日のスペシャルは、尋ねないと値段をいってくれない場合が多い。
スペシャルの説明を暗記したまま話す給仕人もいるが、誠においしいように説明してくれる人もいる。給仕人には役者の卵も多いので、つい聞き惚れてしまうような場合もある。
気持ちよくスペシャルを注文して、後で勘定書を見て、高いなーと思うことがあるかもしれない。

(裏話では、スペシャルは本日の取れ立ての新鮮なお薦めというのでなく、使い物になくなる前に早く処分するものを出す為、という店もある。)

頼むものに迷った時に、給仕人に尋ねるのはどうかというと、本当に客に合ったものを薦めることができる給仕人もいるでしょうが、彼らはパーセントのチップで働いているので、高額なものを選ぶ場合があります。

レストランでは最初に飲み物を聞きにきますが、普通の水(タダです)というと、素晴らしい食事にカクテルなんていかが、とか尋ねてもきます。

特にカップルでレストランに行くと、男性も安く見られたくないので、水は有料のミネラル・ウォーターを頼み、さらにボトルのワイン(シャンペンならさらに良し)ということが期待されます。
前菜、主菜とお腹がふくれるまで食べさせられ、
最後には、「お2人であまーい、デザートをシェアしてはいかが?」と一押し!


ザガット ニューヨーク―ニューヨーカーが選んだTOPレストラン
ザガット ニューヨーク―ニューヨーカーが選んだTOPレストラン
クチコミを見る