ビリー・エリオット
華のブロードウエイ・ミュージカル。
豪華できらびやか。
しかしビジネスとしては厳しいのです。

トニー賞を受賞した、ミュージカルの「ビリー・エリオット」が、来年2012年1月8日に終演となります。

「ビリー・エリオット」は、オペラ座の怪人、キャッツ、レミゼラブルのようにロンドン産です。
2005年にロンドンで開演し、イギリスの演劇賞オリバー賞作品賞などを受賞するほどの人気を博し、2008年にブロードウエイにやってきました。

ブロードウエイでも熱狂的な人気で迎えられ、演劇賞トニー賞の作品賞を含む10部門で受賞するという人気作品の為に、5、6年のロングランは可能と考えられていました。

最近の1週間の興行総収入は、70万ドル。
悪い数字ではないのですが、公演の維持には、80万ドル必要が必要ということです。

この作品を何回も観るほどの熱狂的なファンもいるほど、作品の質はいいのですが、ビジネス面からは、閉演せざるを得ない状況と制作サイドは判断しました。


Billy Elliot the Musical
Billy Elliot the Musical
クチコミを見る