エンパイア・ステイト・ビル
2011年にアメリカを訪れた観光客が多い国は、トップからカナダ、メキシコ、イギリス、日本、ドイツ、フランス、韓国、中国、オーストラリアです。

2010年からの増加率が最も高いのは、36%増の中国です。
その他、ブラジル、オーストラリア、ロシアからも観光の増加率も高いです。

外国人観光客向けの業務は、アメリカ輸出の7%を占め、輸出サービス業の4分の1で、総額約1兆9800億円に上るそうです。

- Offce of Travel & Tourism Industries による -


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)