amish1
摩天楼のマンハッタンを出て、南西に向かう。
高速道路を飛ばして2時間ほどで農村地帯となる。
ローカル道路に降りると、農地が並ぶ。
牛や馬などの家畜がのんびりとしている。
景色を眺めながら、店が集まった地区へ入る。

Amish2


ジャム、ハム、チーズなど現地で作られた食品が並ぶ。
ちょっと試食。

Amish Market


キルト専門店や雑貨店で工芸品の品比べ。
観光馬車に乗って農道を走るのもいい。

Amish bugy


洗濯物が間近に見られる。
アーミッシュの人たちの生活を垣間見る博物館でしっかり勉強もできる。
あっと気がつくと、もう帰らなくはいけない時間・・・。

往復6時間も費やして、滞在時間は4時間、5時間。

もっとのんびりしましょう。
夜空にはたくさん星が輝いています。
食事は簡素で、とても美味しい。
何よりもニューヨークより安い。

amish Food



そしてホテルも・・・。
広くて、安い。

Amish Hotel


宿泊するところは、気楽なチェーンホテルのエコノミー・クラス、デラックス・クラスからB&Bなどたくさんあります。
部屋の窓から、または入り口のテラスから農村を眺めるに飽きることはありません。

ニューヨークのエコのミー・クラスのホテルの料金でも、部屋は広く、ダブルベッド2つ。
部屋には、コーヒー・メーカーはもちろんのこと、電子レンジ、冷蔵庫、そして流し台もある。
インターネットは無料。
テレビも映画チャンネルが、無料。
フィットネス・センターは、お湯のジャグジーがあるところもある。
朝食もベーグル、果物が付いている。
デラックス・ホテルなら料理人がいて、その場でオムレツを料理してくれる。
朝から栄養満点。

たくさんの工芸品屋を回ろう。
キルトをたくさん見よう。

古風なアーミッシュ村の中に、興ざめだけどファクトリー・アウトレットもある。
コーチ、ポロ、ブルックス・ブラザーズ、JCrewなどの人気店が並ぶ。
割り切っちゃえば、ブランド品が安く買えるのでいいんじゃない?
このペンシルバニア州は、服靴は消費税が無税。
現実に戻るのもいいか・・・。

アーミッシュ村内にはたくさんのアンティーク・ショップがありますが、
ちょっと北に行くと、アンティークの首都といわれるアダムズタウンがある。
キャンドルウィック、ファイヤーキングなど日本で人気の食器がとても安い。

adamstown



もう帰ろうか・・・。

もう1泊しても楽しめる場所はある。
ランカスターのマーケット、チョコレートのハーシーズ・パーク、バイクのハーレー・ダビッドソン工場見学などなど。

Harley Davidson



アメリカといえば大都市と思わないで下さい。
田舎に滞在すると考えが変わりますよ。
ニューヨークへの帰りに、古都のフィラデルフィアに寄ったり、カジノのアトランティック・シティの別世界を見学。

philadelphia



もう1泊できますね・・・。