ハドソン・ヤード
ニューヨークは不動産ブーム。
家賃は上昇、地下も上昇。
これだけの高層ビルが並ぶ街。
もうビルを建設する場所がない?
いえいえ、廃墟となっていた倉庫街、鉄道会社の休眠地、海軍利用地の再利用などで新しい不動産計画が持ち上がり、お金が動いています。
現在開発中の場所を見学しましょう。

ペンシルバニア駅の西。ロング・アイランド鉄道の車両置き場だったハドソン・ヤード。
1,581,000屬良瀉呂砲5,000戸のアパートと幾多ものオフィス、さらにショッピング・モールが建設されます。

海軍の払い戻し地。ブルックリン・ヤード。
住居として若い人に人気となってきたウィリアムズバーグ地区の南は工業地帯として生まれ変わります。

サウス・ストリート・シーポートは観光客に大人気地区。
ショッピング・モールのピア17をより大きくするために、現在新しいショッピング・モールが建設中です。2017年完成予定。周辺には埠頭公園や新しいレストランやブティックが入りだし、昔の建物との融合を目指しています。

かつて移民が殺到したローワー・イースト地区。
治安が良くなり、若者の人気地区となっています。
セワード・パーク・リリューワル・エリア、176,700屬良瀉呂砲蓮1000戸のアパートと商業スペースが建設されます。

他にもたくさんの再開発地区があります。
仕事として、勉強として、見学してはいかがですか?

ガイド歴25年以上のベテラン・ガイドがご案内します。


スタイルストア