Smorgasburg


ニューヨークの食が進化しています。
私がニューヨークに来た約25年前と比べて、多様化し、新しいメニューが創造され、レベルがアップされていると思います。
残念なのが、値段もかなり高くなっていること。

最近フリー・マーケットで食に特化したスモラガスバーグ(Smorgasburg)がとても人気です。
ニューヨークの寒い冬が終わり、暖かくなる4月からフリー・マーケットが始まります。
フリー・マーケット内にも数店の露店が並びますが、食の露店ばかりというのがスモラガスバーグです。

スモラガスバーグを運営する団体が出展希望の店を選ぶので、街中にありふれたようなハンバーガー、サンドウィッチ、ホットドッグといった店は外され、個性あるメニューを持つ店が並びます。

ハンバーガーでも揚げたラーメンで挟んだラーメン・バーガー(うまいかどうかは別として・・・)とか、モロッコ風の羊の肉を挟んだもの、サンドウィッチならじっくりローストした豚肉、スパイスの効いたソーセージ、ピザは載せてあるのはタコス風など、新しいアイデアや手間暇をかけたグルメ系です。

Smorgasburg1


なかでもアジア系の進出は素晴らしい。
特に日系の食品の出店が目に付きます。
たこ焼き、焼きそば、お好み焼きなどのお馴染み露店もありますが、
ちょっとひねってラーメン・バーガー、エビとかジャガイモの入ったのでたこ焼きとは言わずテリヤキ・ボール。
野外なので料理のしやすさを考え、またいかに早く料理し、そして利益率を高めるか・・・。
茹でて出すのに手間がかかるラーメンが無くなり、料理しやすい焼きそばが多くなっています。
お好み焼きも出たり消えたり・・・。
焼き鳥が出てきました。
日本人気ということもあり、軒並み日本食関係は人気のようです。

韓国のキムチも、キムチ・タコスとかサンドウィッチ、サラダとなって頑張っています。

スモラガスバーグ人気の走りのロブスター・ロール店はちょっと人気に陰りがかかってきたか?。
ニューヨークでロブスターはちょっと高いという方は、ロブスター・ロールで我慢。
といっても安くはない・・・。

アメリカ食でもじっくりと時間をかけたBBQ、ロースト・ビーフはかなりいけます。

タコス系は、料金が手頃で地元に浸透しているほどの人気です。

甘いもの系が好きな人は、ドーナッツ、マカロン、アイスクリームも出ています。

Smorgasburg12


こんなに多様化された食事が並ぶと、迷います。
混雑店は大行列、人気のないところは閑古鳥。
ちょっとずつ色々な食事を味見したいけど、この露店の食事代が高いのが残念。
10ドル以下の食事が少ない。
簡単に10ドルを超えるのです。
いろいろと楽しむにはひとりで食べないで友達と分けるしかないか?
または毎週通うか・・・。

お酒を出す区域もあります。
地ビール、地ワインで良い酔い心地。



ウィリアムズバーグ・スモルガスバーグ
日時:毎週土曜日11am-6pm
場所:East River State Park(90 Kent Avenue at N. 7th Street)

プロスペクト・パーク・スモルガスバーグ
日時:毎週日曜日11am-6pm
場所:プロスペクト・パーク


通常のフリー・マーケットでも食べ物露店は数軒出店されています。
フォート・グリーン・フリー
日時:毎週土曜日10am-5pm
場所:176 Lafayette Avenue between Clermont and Vanderbilt Avenues

ダンボ・フリー
日時:毎週日曜日10am-5pm
場所:マンハッタン橋下


セシール - 熊本地震の災害支援募金