Dance/Bryant Park
バケーション期間に入り、ニューヨーク市内の公園ではフリー・コンサートが始まりました。
無料といっても一流のアーティストが演奏します。
チケットを取ったりする必要もないので、気楽に鑑賞できます。
観光の一つとしてスケジュールに組み込むのもいいですし、当日公演時間に近くにいるからということでちょっと垣間見るのもニューヨーク体験となります。

ビジネスマンが仕事終わりにストレスを発散するように踊りまくるのが、水曜日夜のダンス・パーティです。週替わりでダンスのジャンルが変わります。
本日6月22日は最終日でラテン音楽。
ニューヨークにはラテン系の住民が多く、暇しているので、彼らの土壇場。
ダンスは踊れば、楽しい。
見ているだけでも楽しめます。
会場は公園の西の噴水前。
紀伊國屋書店の目の前です。
通常より時間延長で5pmから10:00pmまで。

ランチタイムの癒しとなるのが、ピアノ演奏。
ジャズやクラッシック音楽で食事時にくつろぐビジネスマン。
日本人のジャズ・ピアニストも演奏してくれます。
9月30日日までの月曜日から金曜日、12:30pmから2:30pmまで公園の東、図書館裏

ブロードウェイを観劇する暇がない、英語がわからないからいやだ、という人にミュージカルの歌とダンスだけを見ることができるのは、木曜日12:30pmから1:30pm。
7月7日から8月11日まで公園内の舞台で上演されます。
現在公演中の人気のミュージカルからこれから開幕する新作ミュージカルまで、日替わりで1日4作品を楽しめます。

夕方にアコーデオンはどう?
6月29日から8月31日までの毎週水曜日6pmから8pmに、日替わりで色々なジャンルの音楽がアコーデオンで演奏されます。
なんと75人以上の演奏者が演奏するそうです。

音楽だけではない。
モダーン・ダンスもあります。
6月17日から7月8日までの毎週金曜日6pmから8pm。
1日に3つのダンス・カムパニーが公園します。

その他、月曜日夜は映画。
かなり古いが往年の名作を上演。
6月20日から8月22日まで。
日没後に上演開始です。
日が長いので、8時から9時くらいが上演開始と思って下さい。

芸術の他にも、メリーゴーランドがあったり、軽食、バーもあります。

観光に疲れたら、ちょっと休みましょう。



ブライアント・パーク
6アベニューの40から42ストリート
bryantpark.org


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】