感謝祭パレード
アメリカでクリスマスに次いで重要なお祭りである感謝祭。
感謝祭は、ヨーロッパからの最初の移民が秋の収穫時に農作物の育て方を教えてくれたアメリカン・インディアンをもてなしてた食事会がはじまりです。
11月の第4木曜日が感謝祭にあたり、通常日曜日までの4日間が休息日となる。
感謝祭当日は家族が集まり、七面鳥をメインとした食事をする。
居間のテレビは、午前中はニューヨークの感謝祭パレード、午後はアメリカン・フットボールが人気番組です。
学校などは1週間くらいは休みになるし、また働いていても休みを取りやすい人は、この時期にバケーションにすることもある。

田舎や郊外では感謝祭は会社から小売店までほとんどが休み、車さえも走っていないという状況となります。しかしニューヨークはたくさんの観光客が来るので、おみやげ屋、レストランなどは営業するので、困ることはないでしょう。チャイナタウンとかコリアンタウンは全く関係なし。

感謝祭翌日からクリスマス商戦の開始です。
アメリカにはキリスト教と以外の宗教を信仰する人もいるので、最近はホリデー商戦といいます。
小売店は通常より早く営業を開始し、バーゲンを開始します。
年々このバーゲン開始時間が早まり、早朝6amどころか深夜0am開始、とうとう掟破りの感謝祭当日夜8pm開店、ついに朝から開店とする小売店も増えました。
店舗のないアマゾンは既に11月1日からバーゲンを開始します。

この時期にニューヨークを観光する人は、買い物を楽しむことができます。
ウッドベリー・コモン・アウトレットでは感謝祭当日から翌日まで休みなしで営業します。

ブロードウェイはたくさんの観光客が殺到し、人気のミュージカルは完売となります。ディスカウントをしてくれるような作品も少なくなります。また公演時間が変更しますので、ご注意下さい。
ブロードウェイの感謝祭週間のスケジュール