カウントダウン2016
新年を迎えるのに最も人気の都市ニューヨーク。
バーやレストランでのニュー・イヤーズ・パーティが華やかに開催されますが、観光客のお目当はタイムズ・スクエアのカウントダウン。
1904年からの歴史です。

タイムズ・スクエアのカウントダウンは年とともに人気が上がり、私がニューヨークの住み始めた30年くらい前は、新年30分くらい前にタイムズ・スクエアに行ってもかなり後方ですが、見ることができました。
現在は?
正確にはわかりませんが、最近はカウントダウンのニュー・イヤーズ・ボールが設置されたタイムズ・スクエア・ワン・ビルを正面から見ることができるベスト・ポイントのボウタイ・エリアと呼ばれる、ブロードウエイと7アベニューが交差する場所は昼過ぎくらいから人が集まり始めます。
もう朝から椅子に座って毛布をかぶって場所取りをしている人もいます。
この43から47ストリートの間は、6pmには完全に人が埋まっていると思います。
多分4pmにはいっぱいじゃないかな?
なんといっても当日は100万人以上が殺到します。

待つことに問題なしという人もたくさんいると思いますが、辛いのがトイレ対策です。
早く場所を取ってもトイレに行く為に場所を離れると戻れない。
警察の規制がまだ緩い6pmくらいまでなら戻れるようなことも聞きますが、どうでしょう。
人が集まるごとに柵でブロックされて、警察が中に入れてくれないのです。
出る方はどうぞですが、後から無理に入ろうという人を規制しなくてはいけないのです。
出る時にまた戻りますと警官に行っても顔を忘れられるでしょうし、警官が変わっていたら横入りするなと言われるだけです。
トイレはレストランやホテルに行かなくてはいけません。
タイムズ・スクエアの真ん中にトイレなどありません。
対策としては、朝から水分を取らない、オムツをしていく、ということです。

交通規制は、当日の人の集まり状況などによりますが、2pmくらいから南北を走るタイムズ・スクエア近くのブロードウェイと7アベニューの車が通行止めとなります。
続いて東西を走るストリートが43ストリートから北に向かって、閉鎖されていきます。

正確にはわかりませんが、多分8pmにはニュー・イヤーズ・ボールが見られる場所は人でいっぱいになっているのではないかな・・・。

交通規制が始まるとどこからでもタイムズ・スクエアに迎えるわけではありません。
ブロードウェイと7アベニューを東西から入るには、6 アベニューか8 アベニューの警官のいるアクセス・ポイントからとなります。
人が多くなってくると、アクセスも徐々に閉鎖され、セントラルパークの方に向かうように指示され、セントラル・パークの南からブロードウェイか7アベニューを下るようになります。
ニュー・イヤーズ・ボールが見られるのは、ブロードウエイの43ストリートから53ストリート、または7アベニューの59ストリートまでの間です。ブロードウエイの54ストリートより北は道路が曲がっているので、ビルに遮られてみられません。絶対に7 アベニューを利用してタイムズ・スクエアへ向かって下さい。
42ストリートから南やブロードウェイと7アベニューから外れたストリートでは雰囲気は感じられますが、みられません。

こんな苦痛をしてまで見たくないという方は、タイムズ・スクエアに面したホテルに泊まるとか
(ルネッサンス、ダブル・ツリー、マリオット・マーキース、ノボテル)
レストランやバーのニュー・イヤーズ・パーティに参加してするか、
(ブッバ・ガンプ・シュリンプ、オリーブ・ガーデン、Rラウンジ、ニッカー・ボッカーなど)
テレビでみましょう。



ニューヨーク観光は、オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズで!