自由の女神
ニューヨークにきたら絶対に行かなくてはいけない所の1つが自由の女神。
手荷物検査などセキュリティは厳しく、大混雑の為に半日係りとなりますが、行かねばならぬ、と意気込んている観光客はたくさんいます。
また時間やお金を節約する為に、自由の女神の南にあるスタッテン島を行き来する無料のフェリーでいいかー、とか自由の女神の島リバティ島に上陸しない、1時間の遊覧クルーズでいいかー、と思っている人もいますね。

自由の女神の島リバティ島へ上陸。
さらに自由の女神へ入場。
ここで待った。
自由の女神入場の予約を持っていますか?
入場制限、セキュリティの為にオンライン予約をしないといけないのです。
自由の女神の入場予約は、台座までと王冠までの二つに別れています。
台座までの入場は、予約なしでも当日フェリー・チケット売り場である程度の枚数が配布されるようです。
しかし王冠入場は、王冠部分やそこまでの螺旋階段が狭いことがあり、1日の入場者は限られています。
その為予約が殺到し、混雑期は数ヶ月前にすでに完売になってしまう状況です。

3月22日現在、2018年7月上旬までの王冠入場予約が完売となっています。
またそれ以降でも、予約が1名分しかないという日時もあるので、複数で入場する希望者はかなり前から準備をしないと予約できません。
現在、予約ができるのは2018年8月末までです。
夏休みの予約はお早めに。
予約はすぐになくなりますよ。

王冠入場の予約が完売になってしまったという人は、台座までの入場予約で我慢して下さい。
台座でも地上40メートル以上の高さがあるので、マンハッタンの摩天楼やニューヨーク湾を一望できます。
また台座内の自由の女神博物館も楽しめます。
台座予約は比較的取りやすいのですが、観光混雑期は直前では空きは無くなってしまいますので、ご注意下さい。

弊社では、自由の女神王冠入場予約自由の女神台座入場予約の手配をお受けしております。