ロックフェラー・ツリー2017

クリスマス、ホリデー・シーズンが近くなってきました。
NYの名物クリスマス・ツリーの点灯式情報です。
もう早いってことないよね。

もちろんNYクリスマス・ツリーの横綱は、ロックフェラー・センターのもの。
毎年近郊にクリスマス・ツリーを探しに行き、伐採して、運搬してきます。
今年のモミの木は、ニューヨーク州ウォールキルの樹齢75年のもので、高さ約22メートル、幅約14メートル、重さ約12メートル。
点灯式は、11月28日です。
この日の点灯式には、同センターのアイス・スケート・リンクで人気歌手による歌唱からダンスなどの盛大なセレモニーが開催されます。
当日この点灯式を生で見ようという観光客はとてもたくさんいますので、かなり早くから場所取りをしないと直接クリスマス・ツリーの点灯を目撃できる場所を陣取れません。もう交通規制もひどいので、同センターにスタジオがある3大ネットワークの一つNBCの生放送を見ている方がいいくらいかな。
翌日以降ならゆっくり見られます。
毎日5:30amから11:30pmまで点灯します。
消灯は、2019年1月7日です。
クリスマス前後、新年前後、週末はとても混雑します。
混雑を避けるためには、早朝や夜遅くがオススメ。

ロックフェラー・センター
場所:ロックフェラー・プラザ
49と50ストリートの間の5番街から入ったところ
点灯式11月28日9pm
セレモニー7pmから
消灯2019年1月7日9pm
www.rockefellercenter.com/holidays/rockefeller-center-christmas-tree-lighting/


Winter Eve 2017


ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーに匹敵するほどのものは、はっきり言ってもうNYにはない・・・。同センターのものを先に見ちゃったら、街中にある残りのものは、子供騙し・・・。

クリスマス・ツリーの魅力より、点灯式のセレモニーに伴う無料のコンサートや露天のフード店が楽しめるのが、リンカーン・スクエアのウィンター・イブ。
セントラル・パーク西南角のコロンバス・サークル、タイム・ワーナー・センターからリンカーン・センターを中心に70ストリートまでのブロードウェイの沿道では幾つものフリー・コンサート、パフォーマンスがあります。
また沿道のレストランが$1から$4という試食メニューを提供してくれるので、人気レストランの露店は長蛇の列、完売閉店も早い。

ウィンター・イブ・アト・リンカーン・スクエア
場所:
59と70ストリートの間のブロードウェイ沿道と店舗
点灯式11月26日5:30pm
セレモニー5:30pmから8:30pm
www.winterseve.nyc


bryant tree 2017


点灯式だけでなく、今からでも新年までもも楽しめるのがブライアント・パーク。
公園の真ん中にはアイス・スケート・リンク、その周りにはホリデー・ショップが10月27日にオープンしています。
ホリデー・ショップは新年1月2日まで。
アイス・スケートは新年3月まで利用できます。
点灯式はというと、12月4日6pm(セレモニー後の7pmかもしれません)
フリー・コンサートとアイス・スケート・ショーがあります。
クリスマス・ツリーはホリデー・ショップに囲まれて、周辺は狭く、目立たないので、点灯式以外では、わざわざ見学に来られる人は少ないはずです。アイス・スケートとホリデー・ショップを楽しみに来る人のです。

ツリー・ライティング・スケート–タキュラー
場所:ブライアント・パーク
42ストリートと6アベニュー
点灯式12月4日6pm(セレモニー後の7pmかもしれません)
セレモニー6pmから7pm
http://bryantpark.org/events/2018/12/04/tree-lighting-skate-tacular


街中にはたくさんのクリスマス・ツリーが発見できますが、セレモニーが伴う点灯式は、
未確認ですが、毎年サウス・ストリート・シーポートは、クリスマス・キャロル・コーラスの歌唱と共にあると思います。

点灯式はないですが、
ウォール街証券取引所前のクリスマス・ツリーはかなり大きく、見応えはあります。
メトロポリタン美術館の中世セクションのクリスマス・ツリーとナポリタン・バロック・クレシュは見応えがあります。(11月20日から1月6日まで)
www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2018/christmas-tree
アメリカ自然史博物館では、折り紙ツリーが名物です。