ニューヨーク大好き!

オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズのブログ!(http://www.offoffny.com) ニューヨークのことなら何でも話題にします。

観光

宿泊の旅

New Hope
ニューヨークから日帰りができる観光スポットがたくさんありますが、アメリカは広いので車で往復6時間も費やし、現地滞在は4時間から6時間。
急ぎ足の観光もいいけどゆったり観光もという人には宿泊しての観光をお薦めします。

ペンシルバニア州アーミッシュ村
1泊すれば、星空の空が見られるだけでなく、キルト博物館、マーケット、お土産屋、馬車、アーミッシュ博物館から、ファクトリー・アウトレットへも行けるし、アンティーク・ショップが並ぶアダムズタウン、また1時間半でフィラデルフィアへも訪れることができます。
ペンシルバニア州は服と靴には消費税が掛かりませんので、お得です。
2泊すれば、もっとくつろげます。
3日いても退屈にならない。
たくさんの場所をご覧になりたいなら、カジノのホテルが並ぶビーチ、アトランティック・シティへも行くことができます。


Stockbridge


マサチューセッツ州バークシャー
夏の避暑地として知られているバークシャー。
秋は紅葉がとても綺麗です。
ノーマン・ロックウェル美術館以外にもたくさんの美術館博物館があり、アンティーク・ショップや雑貨店も並びます。
何よりニューイングランドの街並みが綺麗です。
夏はタングルウッドでコンサートを聴くこともできます。
スミス大学のギャラリーも素晴らしい。
ファクトリー・アウトレットもあります。


Montauk


ロング・アイランド
ロング・アイランドを南に走ると、高級別荘地のハンプトン。
ビーチは綺麗ですし、小綺麗な家が並んでいます。
ワイナリーも3軒あります。
最東端はモントーク。
灯台があります。
風光明媚。
宿泊すれば、北に向かい、ファーマーズ・マーケットやワイナリーが並びます。
もちろんファクトリー・アウトレットもありますよ。


Old Brotherhood Winery


ハドソン渓谷
全米一古いオールド・ブラザーフッド・ワイナリーをはじめ、いくつものワイナリーが並びます。
ウッドベリー・コモン・アウトレットでショッピング。
セオドア・ルーズベルト大統領の夏の住宅や大富豪バンダービルトの豪邸があります。

ホテル代はマンハッタンと比べて断然お得。
食事も美味しくて安い。


アメリカの精神は、ニューヨークのような大都市ではなく、田舎から生まれるのです。
真のアメリカをのんびりと体験しましょう。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

紅葉の季節です

West Stockbridge
紅葉を見に郊外へ、田舎へ行きましょう。

ニューヨークの紅葉の見時は10月下旬から11月上旬です。
ニューヨーク州北部、マサチューセッツ州、ペンシルバニア州ではもう木々の色が変わってきています。

弊社の人気ツアーでは紅葉が見られるものも多いですよ。

マサチューセッツ州バークシャーのノーマン・ロックウェル美術館は緑の中にあります。
彼のかつてのスタジオがあり、彼が好んで描いた、小さな街ストックブリッジも小綺麗な情緒がある街です。

Rockwell Museum



ペンシルバニア州ランカスター郡のアーミッシュ村。アメリカの農村を満喫できます。
もうトウモロコシが人の背丈以上に伸びています。
ファーマーズ・マーケットでは採りたての野菜や果物が並んでいます。

Amish Farmers Market



ワイナリーも緑の中にあります。
ワインを飲まなくても楽しめます。
アメリカではカルフォルニアに次いで生産量が多いニューヨークのワイナリー地区は、ハドソン渓谷。アウトレットで人気のウッドベリー・コモンの近くに全米一古いワイナリーがあり、さらに北に行けば、テレビ「キャビンアテンダント刑事」で撮影されたベンマール・ワイナリーもあります。この緑溢れたワイナリーからハドソン川が望めます。

Benmar Winery



もう1つのニューヨークのワイナリー地区はロング・アイランド。ケネディ空港を東へ向かう。そして北東へ。田舎道にたくさんのワイナリーが並んでいます。ファーマーズ・マーケットもとても多く、果樹園もあります。森や林のようにたくさんの木があるというわけではないですが、街路樹は美しいです。

Long Island



ニュージャージー州の果樹園ものんびりできますよ。
お子様と果樹園で、りんご狩り。

Farm




セシール - あったか・キレイ・ハッピーキャンペーン

ワールド・トレード・センターの展望台がオープン

ワールド・トレード・センター
崩壊したワールド・トレード・センターの跡地に建設された、1ワールド・トレード・センターの展望台が、5月29日にオープンとなります。

先頭までの高さは、アメリカ独立の年、1776年にちなんで、1776フィート(約541メートル)。
西半球では最高の高さのビルとなっています。

展望台は、地上より1200フィート(約366メートル)以上の100階から102階までで、1階から5台のうちの1つのエレベーターに乗り、1分以内に102階に到着します。
100階がメイン展望台で、足元の下から地上を覗くことができます。
101階にはカフェとレストランでくつろぐことができます。
注意:レストランに行くだけでも展望台料金は払わなくてはいけないそうです。



入場料
大人:$32
シニア(65歳以上):$30
子供(6 - 12歳):$26
5歳以下無料

営業時間:
2015年9月7日まで
9amから0amまで(最終チケット販売11:15pm)
2015年9月8日から2016年5月5日まで
9amから8pmまで(最終チケット販売7:15pm)


自由の女神の王冠入場

自由の女神
かつてニューヨークが今ほど超人気の観光としでなかった頃、1990年前後、自由の女神への入場は王冠にしても、台座にしても予約の必要はなく、手荷物検査もなかった。
私は市内観光のガイドとして、王冠まで10回以上は上った。
王冠を制覇する開放感はいつもあったが、地上から王冠までの狭い螺旋階段354段を上るのに疲れてきて、2000年を迎える前には私は王冠への展望は控えた。
(現在は台座までエレベーターの利用ができ、残りは162段)

2001年9月11日、ワールド・トレード・センター崩壊が契機となり、世界の自由の象徴である自由の女神を破壊されてはいけないということで自由の女神へのフェリー運航が停止された。

テロへの警戒がきつくなるも自由の女神を開放すべきという強い意見から自由の女神行きフェリーの運行が開始された。
フェリー乗船前に飛行機搭乗と同じような厳しい手荷物検査と共に・・・。

増え続ける観光客からの自由の女神像内部への入場の求めにより、まず台座までの入場が日時指定入場予約をインターネットで取るということで開始された。
セキュリティの為、フェリー乗船時の手荷物検査だけでなく、自由の女神入場の際にも厳しい手荷物検査が課せられた。
台座へ入場できることで、台座の天井に張られたガラスから女神像の内部の鉄骨(エッフェル塔のエッフェルが設計)が見られるようになり、また初めて開館した自由の女神博物館で製造の過程などを知ることができるようになった。
台座の外に出ると、マンハッタンの摩天楼をはじめ、ニューヨーク湾を一望できるのも楽しかった。

ニューヨークはさらなる観光ブームとなり、アメリカの象徴である自由の女神、その女神の王冠を開放すべきだという考えにより、自由の女神の王冠入場がワールド・トレード・センター崩壊、2001年9月11日以来、初めて2009年の7月4日独立記念日より再開された。
入場予約は王冠部分と台座までの2種類にわかれ、王冠入場には厳しい人数制限があった為に予約を取るにはかなり前から準備しなくてはいけなかった。

王冠までの入場は開始されても、さらなる安全性を考え、内部の螺旋階段に手を加えたり、監視カメラなどの設置の工事の為に、台座までは入場できても王冠までは閉鎖されるという期間もあった。

2012年10月末にはアメリカ北東部を襲ったハリケーンによる被害の為、自由の女神へのフェリー運航は停止された。

この10年以上の間、ニューヨーク観光に来られて自由の女神が運悪く閉鎖されているということを体験した人も多いでしょう。

度重なる閉鎖を経て、2013年の7月4日独立記念日に自由の女神王冠入場は開始されました。

ニューヨークへの観光客はこの数年毎年記録更新するほど増えているので、また自由の女神の王冠及び台座入場には人数制限があるので、入場希望者は早めに予約を取らなくてはいけません。特に観光シーズンの王冠入場予約は3ヶ月以上も前に予約は無くなってしまいます。


オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズの自由の女神王冠入場予約

オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズの自由の女神台座入場予約



クリスマス・イルミネーション・ツアー2013

クリスマス・イルミネーション
ショッピング街の華やかなクリスマスの飾り。
ツリーの巨大さと光り輝くLEDの数で人の目を圧倒しますが、
これってちょっと商業的・・・。

商業的が悪いわけではないですけれども、一般家庭のクリスマスの飾りには美しいものはあります。

地元の人だけでなく、観光客にも知られているのが、ブルックリン区のイタリア人住居区のクリスマス・イルミネーション。
派手なクリスマス飾りをした豪邸は、どの地区にもあるものですが、この地区では競う合うかの様に大きい家から小さな家までクリスマスの飾り付けをします。
地元の人はこの地区に車で来て、散歩するのです。
最近は観光バスも多くなっているほどです・・・。

飾り付けは個性にあふれています。
動く遊園地のような飾りから圧倒的な光りの数で人を圧倒するもの。
また派手なイルミネーションはせずに庭にキリストの誕生の様子を描いた人形を置いている家庭もあります。


弊社では、このイタリア人住居区のクリスマス装飾見学をハイライトとするクリスマス・イルミネーション・ツアーを催行します。

この時期限定のお薦めツアーです。
クリスマス・イルミネーションだけでなく、スタッテン島フェリー乗船やブルックリン橋桁よりマンハッタンの夜景鑑賞できます。
また食事付コースでは、夜景の見られるイタリアン・レストランで食事をします。


自由の女神が閉鎖

自由の女神
2014会計年度暫定予算案が成立せず、10月1日から政府機関の一部が閉鎖となりました。

首都ワシントンでは、スミソニアン博物館が休館となっています。

また自由の女神も閉鎖されました。
よって自由の女神行きフェリーは運行していません。
自由の女神遊覧フェリーは運行してます。

自由の女神行きフェリーの予約チケットを持っている人は、運行会社の遊覧フェリーに交換できます。

いつ再開されるかは、未定です。

下記は、自由の女神行きフェリー運行会社のサイトからの抜粋です。

Important Information
SERVICE ADVISORY
GOVERNMENT SHUT-DOWN
The Government has temporarily shut down the Statue of Liberty and Ellis Island.
Please join our one-hour Sightseeing Tour and see the magnificent sights of New York Harbor; including the Statue of Liberty, Ellis Island, the Brooklyn Bridge, the 9/11 Memorial and many more!
You can purchase tickets for the Sightseeing Tour at either Battery Park or Liberty State Park.
Sightseeing Cruises will be available until the issue is resolved.
If you already have tickets to the Statue of Liberty and Ellis Island, you can exchange them for our Sightseeing Tour.
For further information, please call 1-877-LADY-TIX (1.877.523.9849).
Ticket Prices:
Adults $24 – Seniors $17 – Children $12
For the most up to date information please visit -   
facebook.com/statuecruises or twitter.com/statuecruises



自由の女神フェリー運航開始

自由の女神
昨年2012年10月末のハリケーン災害以来、運行が停止されていた自由の女神のあるリバティ島までのフェリーの運航が、今年2013年の独立記念日7月4日に運行を開始します。

フェリー運航開始に伴い、自由の女神の王冠及び台座までの入場も可能となります。

フェリーの運航時間は現在予定では、8:30amから15分毎です。
最終便は3pmくらいです。

フェリー乗船には予約は必要ないですが、混雑期はフェリー乗船がとても混雑しますので、列の待ち時間を短くする為には時間予約を取ることをお勧めします。

フェリー代は下記です。
大人$17
シニア(62)$14
子供(4-12歳)$9
幼児(4歳未満)無料

フェリー代にはオーディオ・ツアーが込みとなっています。
日本語にも対応しています。


自由の女神の内部に入場する為には、予約が必要です。
特に自由の女神像の王冠部分はとても狭く、入場できる人数が限られていますので、予約を取ることはとても難しいです。
直前では完売となってしまいますので、早めの手配が必要です。
予約時間は、8amから1pmまでの1時間毎です。
4歳未満の子供またや幼児、及び身長4フィート(約120センチ)以下の子供の入場はできません。
自由の女神王冠入場の料金は、フェリー代及びオーディオ・ツアー込みで下記となります。
大人$20
シニア(62)$17
子供(4-12歳)$12

弊社の自由の女神王冠入場予約手配



自由の女神の王冠までの予約はとても難しいですが、台座までの予約は比較的取りやすいです。
しかしこちらも混雑期には完売となりますので、予約は必要です。
予約時間は、8amから2pmまでの1時間毎です。

台座までの予約付フェリー代(オーディオ・ツアー付き)は下記です。
大人$17
シニア(62)$14
子供(4-12歳)$9
幼児(4歳未満)無料

弊社の自由の女神台座入場(モニュメント・パス)予約手配


弊社では、自由の女神王冠入場予約及び台座入場予約手配をお受けしております。


ワールド・トレード・センター展望台

ワールド・トレード・センター
現在建築中のワールド・トレード・センター1の展望台を運営する会社が先日発表されました。

完成すると1776フィート(約541メートル)となり、西半球で一番高いビルとなり、その展望台は年間380万人の入場者が見込まれ、およそ8億7500万ドルの収入が所有者の港湾局に入る予定です。

展望台は、100階から102階を占有し、地上1250フィート(約381メートル)の位置に建設されます。エレベーターが地上から約60秒で展望台102階まで運んでくれます。
101階にはレストランも設置される予定です。
展望台の建設費は、6200万ドル。

オープン予定は、2015年初期となっています。


セシール創業40周年特別企画 決算・最終大バーゲン

自由の女神オープン予定2013

自由の女神
昨年2012年10月のハリケーンにより被害を受けて、閉鎖されていた自由の女神が立つリバティ島が、今年2013年7月4日の独立記念日までにはオープンすると発表されました。

自由の女神自体に被害はないもののフェリー発着の埠頭や設備の地下の機械類が破損しました。元移民局、現在移民博物館となっているエリス島と共に、この度5900万ドルの修復予算が国会で承認されました。しかしエリス島に関しては、破損がひどく、オープンの予定はまったく目処がたっていません。

2011年の統計では・・・
自由の女神の訪問者:370万人
経済効果:1億7400万ドル
関連雇用数:2218人


アメリカン・エキスプレスアメリカン・エキスプレス

クリスマス・イルミネーション・ツアー2012

クリスマス・イルミネーション
クリスマス時期のNYで見逃せないもの・・・。
ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリー。
そしてダイカー・ハイツのイタリア住居区のクリスマス・イルミネーション。

ニューヨーク郊外のブルックリン区のイタリア系住民が多く住む、ダイカー・ハイツでは、家々が競い合うかのごとく、派手なクリスマス・イルミネーションで家を飾ります。
通常飾り付けの派手な家は、どの地区にもポツポツとありますが、この地区ほど密集している場所はないです。
クリスマスのデコレーションは、市販のものをセンスよく組み合わせて飾っている家から装飾業者に委託して、豪華に飾る家まであります。
大きな家の主人がはしごに登って飾り付けをするというようなことはさすがにないんですね。
ライトがあふれる派手な飾りの家もありますし、またあまり派手な飾り付けはせずに、キリストの誕生の模様の人形を質素に飾る家もあります。
光るキリスト像というのもありますが・・・。

弊社では、このイタリア人住居区のクリスマス装飾見学をハイライトとする観光ツアー、クリスマス・イルミネーション・ツアーを催行します。

この毎年大人気のツアーでは、さらにスタッテン島行きフェリー乗船とブルックリン橋桁よりのマンハッタンの夜景鑑賞もあり、この時期のすべての魅力をまとめて堪能できます。
食事付コースでは、夜景の見られるイタリアン・レストランで食事をします。



クリスマス・イルミネーション・ツアー
期間:2012年11月26日から2013年1月5日まで
(11月中と1月3日以降は飾り付けは少ないです)
行程:ディナー(食事付の場合)、ブルックリ橋からの夜景、イタリア住居区のクリスマス・イルミネーション見学、スタッテン島フェリー、ウォール街のクリスマス・ツリー
料金:
食事付:大人$125、子供$115
食事なし:大人$70、子供$60
割引:3名様申し込みで1名$10割引、4名様申し込みで1名$20割引

http://www.offoffny.com/Pages/illuminationtour.html

google検索
カスタム検索
最新記事
Archives
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
ニューヨークの天気
Click for ニューヨーク, New York Forecast
ニューヨークの日の出と日没
google
航空券
お薦め