ニューヨーク大好き!

オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズのブログ!(http://www.offoffny.com) ニューヨークのことなら何でも話題にします。

カレンダー

ニューヨーク・フィルを野外で聞く2016

Concerts in the Parks – Central Park
クラッシック音楽を普段聴かない人でもこの時には出動という人気のニューヨーク・フィルハーモニックの名物野外フリー・コンサートが開催されます。

公園ではお酒を飲んではいけないニューヨークでもこの日ばかりは警察も大目に見る。
コンサート開始前からピクニックよろしく、ワインや食事を持ち込んで仲間と芝生の上で会話を弾ませる。

座席は早い者順。
というか、座席はない(と思う)。
芝生の上にシートを敷いて座る。
なかにはビーチ・チェアを持参する人もいる。
ビーチ・チェアの後ろだとステージが見にくいが、アメリカ人は後ろの人のことなど考えない。
見えなければ、見えるところに移動しろ、と背中が怒鳴っている。
後から来て人の前に椅子を置く人もいるので、頭にくることもある。
また演奏中もおしゃべりをやめない、不届き者も多い。
ニューヨーク・フィルの偉大さ、このフリー・コンサートの意義などに目もくれず、野外で人が集まれば楽しめるという輩。
真の音楽愛好家は、早くからステージ前に場所取りを開始し、演奏中はもちろん真剣に聞く。

セントラル・パークではグレート・ローンという芝生が広がった場所が会場です。
舞台は86ストリートの南に設置され、南に向かって演奏されるので、交通規制で南から入るようになります。79ストリートのメトロポリタン美術館や自然史博物館くらいから公園真ん中に向かい、北に向かいましょう。

セントラル・パークは今年も2回。
コンサート終了後には花火も上がります。
セントラル・パークの日に合わない人は、ブルックリンのプロスペクト・パークやブロンクス、クイーンズでも公演があります。

6月15日8pm
セントラル・パーク

6月16日8pm
セントラル・パーク

6月17日8pm
プロスペクト・パーク、ブルックリン

6月20日8pm
カニハム・パーク、クイーンズ

6月21日8pm
ヴァン・コートランド・パーク、ブロンクス


コンサート・イン・ザ・パーク
http://nyphil.org/parks


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

5番街の美術館が無料開放:ミュージアム・マイル・フェスティバル

Museum Mile
6月第2週の火曜日は、美術愛好家のフェスティバル、ミュージアム・マイル・フェスティバルの開催日です。
5番街の82から105ストリートに位置する参加美術館博物館が6pmから入場無料となります。
美術は苦手という人も無料ならいいでしょう。
ただ人混みは苦手という人は避けたほうがいいですよ。
たくさんの人で大混雑です。
フェスティバルが好き、混雑が好きな方は、バンドによる音楽演奏やパフォーマンスもあるので楽しめます。
何よりこの5番街のこの区間が歩行者天国となります。
この交通閉鎖を知らずにマディソン・アベニューの大渋滞でイライラするドライバーを気にせず、のんびりとセントラル・パーク沿いを歩くことができます。

美術ビギナーはやはりメトロポリタン美術館から始めましょう。
巨大なので比較的並ばずに入場できます。
一番人混雑するのは、ドイツとオーストリア人のアーティストの作品を展示するノイエ・ギャラリーです。
この美術館が目当てなら6pm前から並びましょう。
フェスティバルが始まってから行くと長蛇の列で、この美術館だけでフェスティバルが終わります。

グッゲンハイム美術館も人気ですね。
土曜日夜は好きな料金で入場できるので、土曜日に滞在する人はその日にして、普段行かない、またはお金を払って入場したくない、無料ならいいかな、という美術館博物館を狙うのはどうですか?

南米の芸術家の美術館エル・ムセオ・デル・バリオ、ニューヨーク市の博物館、ユダヤ人芸術家のジューイッシュ・ミュージアム、デザインのクーパー・ヒュイット・ミュージアムは小さな美術館ですので、簡単に見るのなら3時間で、この4美術館を回ることができます。

クーパー・ヒュイット・ミュージアムは大富豪アンドリュー・カーネギーが住んでいた豪邸でしたので、豪邸見学の意味でも楽しいです。
ジューイッシュ・ミュージアムもノイエ・ギャラリーも元々大富豪の豪邸として建てられたものです。

このフェスティバルが開始された時は、ゲーテ博物館、ナショナル・アカデミー・ミュージアムも参加していて無料だったのに・・・。どうしたのかな?



ミュージアム・マイル・フェスティバル
2016年6月14日6-9pm
場所:5番街82から105ストリート
museummilefestival.org



ニューヨーク美術案内 (光文社新書)
ニューヨーク美術案内 (光文社新書)

テイスト・オブ・タイムズ・スクエア2016

Taste of Times Square1
6月の第1月曜日は、レストラン・ロウと呼ばれるレストラン通りを含む46ストリートの7から9アベニューで、タイムズ・スクエア周辺のレストランが露店を並べて、廉価で食事を奉仕してくれる催し、テイスト・オブ・タイムズ・スクエア2016が開催されます。

ハンバーガー、BBQなどのアメリカ料理からイタリアン、メキシカン、フレンチ、ケイジャン、キューバン、コリアン、そして日本食など多様なレストランが、一皿$2から$6で料理を提供してくれるので、いろいろな種類の食事を味見することができます。

レストラン名で言えば、ハード・ロック・カフェとか、ジュニアーズ、ブルー・フィン、ドス・カミノス、ジョンズ・ピザ、プラネット・ハリウッドなど人気レストランや高級レストランも出店します。


Taste of Times Square


楽しみは食事だけでなく、ライブバンドが路上で演奏してくれるので、雰囲気は抜群。
ある野外駐車場にはステージが設置され、ジャズ・バンドに合わせてダンスもできます。

酒飲みはお酒を飲みたいところですが、この催しでは露店で酒類は販売されませんので、沿道のレストランやバーに入って、ちょっとほろ酔いになるのもいいでしょう。

催しは5pmから9pmまでで、時間が遅くなると人気露店での並ぶ時間が長くなります。
また料金はチケット制で、1枚$1のチケットをチケット売り場で購入しなくてはいけません。
露店では、直接のお金のやり取りはなく、購入済みのチケットを渡します。
遅くなるとチケット売り場も大行列となります。
タイムズ・スクエアのチケット売り場は特に混雑します、9アベニューの売り場が一番空いていて、8アベニューでもタイムズ・スクエアの売店よりは空いています。
またサイトから前売りで購入することもできます。

私も時間が空いている時は必ず顔を出す催しです。



テイスト・オブ・タイムズ・スクエア2016
日時:2016年6月6日5pmから9pm
場所:46ストリートの7から9アベニューの間

日本のお祭り:ジャパン・デイ2016

Japan Day 2016
ニューヨーク最大の日本のお祭り、ジャパン・デイが5月8日に開催されます。
今年でもう10回目です。
日本の伝統的なお祭りという雰囲気は残念ながらありませんが、神輿は出ますし、日本食の露店や日本文化を紹介するテントが立ち並びます。

セントラル・パーク内でのイベントの許可取りはなかなか大変なようで、毎年場所が変わっているようです。とても人気なので入場口があるような施設だと入るのに時間は掛かるし、入場制限で待たせされることもあります。個人的にはしっかり座席がある壁付きの施設より、だだっ広い芝生の会場の方がどこにでも座れるので過ごしやすいです。
今年は食事露店や文化紹介テントはバンドシェル、コンサートはラムジー・プレイフィールドと分かれています。ラムジー・プレイフィールドは夏にコンサートが行われる野外ホールで、壁で囲まれ、入場口があるので、混雑時には並びます。このラムジー・プレイフィールドの裏というか西に位置するのがバンドシェルで、壁がないので自由に出入りできますが、あまり広い地区ではありません。いつもこのバンドシェルあたりのベンチでくつろぐ馴染みの人はこの日はどうするのかな?またディスコ音楽に乗せて踊るローラースケート軍団や太鼓を鳴らす太鼓クラブが周辺を陣取っています。
北に行けば、大きな池があり、ベセスダの噴水などもあるので、この時期は黙っていても人だかりとなります。馬車も並んで仕事をしています。

スケジュールは、
8amから神輿が出動
9:30am - 4:30pm日本文化紹介テント(バンドシェル)
11:30am - 2:30pm食事露店(バンドシェル)
10:30am - 4:30pmコンサート(ラムジー・プレイフィールド)

日本文化紹介というのは、折り紙教室、書道、浴衣着付けなどです。

食事の露店は、レストランがお好み焼き、焼きそば、ラーメン、お茶などを提供してくれます。
無料なんです。
なんでもセントラル・パーク内での販売許可が取れないようで、無料。
無料というのは魅力的ですが、長蛇の列となります。
私はいつも列を見て、諦めます。

ステージでは、太鼓、盆踊り、音楽コンサートなどの催し。
音楽は毎年名のある人が出演してくれます。
今年は矢野顕子さんと大江千里さん。
こちらも無料です。

晴天となることを祈り、日本のお祭りを楽しみに、いざセントラル・パークへ。
人だかりにかなり疲れますが、会場から離れれば、そこは緑あふれるセントラル・パークです。



ジャパン・デイ2016
日時:2016年5月8日
場所:セントラル・パーク内バンドシェルとラムジー・プレイフィールド
(東西72ストリートから入り、公園真ん中あたりのやや南)
http://www.japandaynyc.org



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle

桜祭りと自転車のイベント

桜祭り
暖かくなってきましたが、今年の春は例年より寒い。
日中日が出ていれば日差しが強いので暑いが、日が沈むと風が冷たくなる。
ともかくスケジュールが決まっている春の行事は始まります。

首都ワシントンの桜祭りは3月中旬に始まり、今年は冬が暖かったのでその頃にはもう満開で現在は完全に桜は散っているようですが、3月下旬から寒くなったため、通常ニューヨークはワシントンから3週間遅れくらいで見時となりますが、今年は先週くらいから開花しだしました。
ニューヨークで最も大きな桜祭りであるブルックリン植物園のイベントは今週末、4月30日と5月1日。例年ならもう桜は散っているかなという時期ですが、今年は桜の見時と重なっているようです。
この植物園の桜は、塩田武雄氏が1914年から植えられたもので、翌年には日本庭園も完成しました。“染井吉野”、“紅枝垂”、“関山”など、日本国外では最大の種類の桜を見られることができる植物園となっています。
毎年4月下旬の週末の桜祭りは、太鼓、ダンスなど日本の文化紹介のパフォーマンスもあり、ニューヨーカーにとても人気です。
当日はたくさんの人で賑わいますので、早め行きましょう。
また桜だけが目当てなら、ゆっくりと見られるように、桜祭り開催日を避けたほうがいいですね。

植物園の入場口で待つことはいやだけど、バイク・ツアーにぶつかって、ケネディ空港に向かう車が交通閉鎖で立ち往生。飛行機に間に合わない・・・。
毎年問題になっている交通渋滞です。
一昨年はバイク・ツアーの自転車が途切れることなく通行し、ミッドタウンでは6アベニューを横切ることができずに、飛行機に乗り遅れたということも起きています。
通常の歩くパレードは、団体ごとの人や山車が途切れる時に警備の警官が車や人を通してくれますが、自転車の場合は早いためか、かなりのスピードで走っている人もいるように、自転車を止めづらいのか、警備の警官が自転車を止めて車を通してくれません。両側通行なら道幅が広いので車の通行のために自転車を止めることがあっても一方通行の狭い道路だと自転車を止める頻度も少ない。
歩行者は車とは違って、警官を無視して道路を横切るにしても、飛ばしている自転車の間を横切るのはかなり危険です。

毎年このイベントを楽しみにしている自転車愛好家を非難しているわけではありません。
アメリカ国内からだけでなく、世界中からも参加者が集まるほどの人気のイベントですから・・・。
警備している警官や催行団体の段取りが悪いのではないでしょうか・・・。

このバイク・ツアーは、マンハッタンの最南端バッテリー・パークを7:30amから出発し、チャーチ・ストリートを北上し、6アベニューからセントラル・パークを抜けます。その後はブロンクスとか、クイーンズ、ブルックリンとマンハッタン外を外れるので、観光の人が巻き込まれることはないでしょう。終点はスタッテン島です。
気をつけたいのは、朝飛行場に行くために6アベニューを横切らなくてはいけない場合です。
時間の余裕をみましょう。
大渋滞の場合は、歩いて6アベニューを渡ってから、タクシーを拾いましょう。
またはセントラル・パークを横切る道路は自転車が通行する車道の下をトンネルで抜けるので、巻き込まれません。ご自身で運転する場合は是非こちらをどうぞ。または知らない運転手には、オススメして下さい。


桜祭り
日時:2016年4月30日と5月1日
場所:ブルックリン植物園
www.bbg.org/visit/event/sakura_matsuri_2016

バイク・ツアー(Five Boro Bike Tour)
日時:2016年5月1日
www.bike.nyc/events/td-five-boro-bike-tour


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

地球の日2016

地球の日2016
世界中エコ・ブームですね。
ニューヨークでもゴミのリサイクルに熱心です。
街中には、一般ゴミ、紙、缶及びペットボトルの3つの分別されたゴミ箱があります。
一般家庭でも、日本ほど細かく分別はしませんが、上記の3つ、一般ゴミ、紙、缶及びペットボトルに分けてゴミに出します。

エコに関しては、常に行政でも行っていますが、地球の日という催しがあり、ニューヨークでは今週末の4月17日に、ユニオン・スクエア・パークで地球の日のイベントがあります。
環境に関する展示、生活のエコ化の紹介、地球に優しい車の展示などがあります。
地球の日と関係あるアーティストとは思いませんが、音楽コンサートもあるので、天気が良ければ、ふらっと散歩がてらに顔を出してみましょう。
賑やかですよ。

過去はグランド・セントラル駅を含めて週末3日間の大きな催しでしたが、最近はなぜが規模が小さくなってきたような気がします。

昨年か一昨年かユニオン・スクエア・パークのイベントでたくさん写真を撮ったのですが、どこに行ったかわからなくなってしまい、写真を紹介できません。地球の日のロゴですみません。



パレードの季節到来

タータン・デイ・パレード
今年は冬は記録的な暖かさだったのですが、春になっても気温がなかなか上がりませんね。
しかしもうニューヨークのパレードの予定は決まっているのです。
3月17日のアイルランド系移民のセント・パトリックス・デイは3月中旬なので寒いのは仕方がないとして、もう4月ですからそこそこ暖かくなってもいい頃です。

4月の第一弾は、スコットランド系移民のタータン・デイ・パレードから始まります。
通常第2土曜日に行進するので、今年は4月9日です。
場所はニューヨークのパレードの王道5番街でなく、6番街ですが、45ストリートから55ストリートというロックフェラー・センターを含んだオフィス街の真ん中を、男性が色鮮やかなタータン柄のスカートを履いて、バグパイプを演奏しながら行進するので華やかです。
スコットランド人もアイルランド人同様お酒が好きですので、周辺のアイリッシュ・パブではライブバンドが入って、昼間から大騒ぎです。
スコットランド人のパレードとしては世界最大級だそうだ。

続いて翌日は、ギリシア独立記念日パレードが5番街で開催されます。
64から79ストリートの間です。
ニューヨーク市のクイーンズ区アルトリアには本国を除いては世界最大のギリシャ住居区がありますが、パレードはやはり5番街でなくっちゃね。



タータン・デー・パレード
日時:2016年4月9日(土)2:00pm - 4:30pm
場所:6th Avenue between 45th and 58th Streets

ギリシア独立記念日パレード
日時:2016年4月10日(日)1:45pm - 4:30pm
場所:5th Avenue between 64st and 79th Streets


セシール - LPSスキンケア

4月のニューヨーク

春の花
4月ともなると暖かくなってくるのですが、今年は上旬でもまだ寒い。
しかし花も咲き始めていますので、ニューヨークを楽しみましょう。


トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)
文化的な催しは、4月13日、水曜日からトライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)が開催されます。
トライベッカ映画祭は、ご存知のように俳優のロバート・デニーロ氏が、2001年のワールド・トレード・センター崩壊後にマンハッタン南部の元気が無くなってしまったので、彼が住むトライベッカ地区を盛り上げようということで、パートナーと翌年の2002年から開始したものです。
年々規模は大きくなり、国際映画祭としての有名となっています。
毎年日本からも作品が出展されていますね。
通常期間中の週末にはストリート・フェアがありますし、トライベッカ地区やソーホーなどのトレンディ地区では業界関係者がパーティなどを開催するので、街は活気にあふれます。
カッコイイ男性、綺麗な女性を見かけることが多くなります。
映画を見なくても、雰囲気を味わいにトライベッカ地区を散歩しましょう。
トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)
期間:2016年4月13日から24日まで
場所:トライベッカ地区各映画館
https://tribecafilm.com/festival


ニューヨーク・シティ・バレエの春季シーズン
4月19日からはニューヨーク・シティ・バレエの春季シーズンが開始されます。
公演場所は、本拠地リンカーン・センターです。
期間:2016年4月19日から5月29日まで
場所:リンカーン・センター
http://www.nycballet.com


地球の日
昨今環境に保護が声高に叫ばれ、インベントも多くなっています。
大きなファーマーズ・マーケットが人気のユニオン・スクエア・パークでは、4月17日に地球の日のイベントが開催されます。
オーガニック食品の販売や、テントでは環境に関する活動などが紹介されます。
フリー・コンサートもあります。
日時:2016年4月17日12pm-7pm
場所:ユニオン・スクエア・パーク
http://earthdayinitiative.org/earth-day-new-york-2016-events


シーク・デイ・パレード
頭にターバンを巻いた人が多くなるかな?
という日が、4月23日にマディソン街で開催されるシーク教徒のパレード。
頭にターバンというとインド人と思う人が多いと思いますが、この人たちはインド人ではありません。
シーク教徒の人です。
イスラム教徒でもないです。
シーク教徒はタクシーの運転手としても見かけられます。
近年イスラム教徒のテロに対して、怒りを覚えるアメリカ人が罪のないイスラム教徒への嫌がらせがたくさん発生しています。
シーク教徒の人達はターバンを巻いているということで無知なアメリカ人にイスラム教徒と間違えられて、殴られたりすることもあるようです。
日本経済がイケイケだった時に自動車産業で解雇されてむしゃくしゃしたアメリカ人に日本人と思って殴られた中国人のように不運な人たちでう。
ニューヨークではたくさんの移民がいるのですが、移民を見かけない大陸の奥の方では、未だに強い偏見が残っています。
ということで、シーク教徒を応援しにパレード見学に行きましょう。
マディソン・スクエア・パークで創業されたシェイクシャックを食べるにもいい機会ですし、イタリア食を紹介するイータリーにもついでに行けますね。
日時:2016年4月23日12pmから
場所:マディソン街26から36ストリート


ニューヨーク近郊の桜祭り

桜パーク
アメリカでは桜が植えてある場所で日本人がある程度住んでいる地区では必ずと言っていいほど桜祭りがあります。
ワシントンの桜祭りは、アメリカで最初に桜が日本から寄贈されて植えられた所であるし、数も多いし、首都ということで1ヶ月近い、とても大きなお祭りとなっています。
今年2016年は3月20日から4月17日までです。

桜前線は北上します。
日本が江戸時代に開国してから新渡戸稲造、津田梅子、有島武郎、野口英世、内村鑑三など日本の近代を築き上げるの尽力したたくさんの日本人が勉強したフィラデルフィアにも1926年のフィラデルフィア万博時に2000本あまりの桜が日本から寄贈されました。
そうです。桜祭りがあります。
今年2016年は4月11日から17日。
最終日17日はフィラデルフィアの北部のフェアモント・パーク内で、最大な太鼓やら日本舞踊などのパフォーマンスなどで祝われます。
$10の入場料が必要なようです。
http://subarucherryblossom.org
弊社では、フィラデルフィア観光を催行しています。
4月17日は特別桜祭り観光です。

4月30日と5月1日はニューヨークのブルックリン植物園で盛大な桜祭りがあります。
220本と数は少ないですが、桜の種類は「関山」、「しだれ桜」、「白妙」など30種類以上ととても多く、日本のパフォーマンスやワークショップも大人気。
毎年6万人を集める程などなので、朝から入場に行列となります。
入園料は通常大人$12なのに桜祭り時は$25に跳ね上がります。
儲けようという魂胆ですが、太鼓、日本舞踊、コスプレ、Jポップなどたくさんの催しがあるので、早くから行って元を取りましょう。
http://www.bbg.org/visit/event/sakura_matsuri_2016


ニューヨーク近郊では、日本人住んでいる住居区がたくさんあり、桜が植えられている公園も多いので、4月の週末はどこかしらで桜祭りがあります。

4月9日から24日。
ニュージャージー州エセックス郡ブランチ・ブルック公園
首都ワシントンDCより多い4300本とな・・・。

4月23日
ニューヨーク州クイーンズ・フラッシング・メドウ・コロナ・パーク
1933年と64年に万博が開催され、現在NY・メッツのスタジアムやUSオープン・テニスのスタジアムがある公園です。

5月1日
ニューヨーク州ホワイトプレーンズ
日本赴任家族の住居区。
慶応高校もあります。

5月1日
ニューヨーク州ロング・アイランド、ストーニーブルック大学

上記以外にもたくさんたくさんあります。


在ニューヨーク日本国領事館の桜祭り案内
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/SakuraFest/2016-jp.html


早春花のイベント2016

洋蘭ショウ
気温も上昇してきて、街中で花が咲き始めました。
これから街は華やかに美しくなります。
セントラル・パークを散歩するのもいいですね。

マンハッタンの北ブロンクスにあるニューヨーク植物園では2月27日から洋蘭ショウが開催されています。

温室にはいくつものガーデンが世界中から集められた洋蘭で埋められています。
また洋蘭関するレクチャーやワークショップも開催されています。

洋蘭だけでなく、広大な敷地内にはたくさんの植物が植えられています。
園内には200本以上の桜も植えられていて、通常3月末くらいから咲く頃です。

ニューヨーク植物園へは、地下鉄では最寄り駅(Bedford Park Boulevard)から徒歩20分ですが、バスもあります。またはグランド・セントラル駅からメトロノース鉄道のハーレム線に乗車し、ニューヨーク植物園(Botanical Garden)駅で下車。すぐ目の前が入場口です。グランド・セントラル駅からわずか20分。

第14回洋蘭ショー(オーキッド・ショー)
場所:ニューヨーク植物園、ブロンクス
期間:2016年2月27日から4月17日まで
入場料:大人$20(週末、祭日$25)
www.nybg.org


地下鉄で、または歩いて気楽に花が見られる場所はというと、デーパートのメイシーズのフラワーショー。
入場は無料です。
デパート内にテーマごとに花が植えられています。
今年は、アパラチア山脈を含むアメリカ南東地区のガーデン(Enchanting Garden)、ロッキー山脈のマジェスティック・ロッキー・ガーデン、ミッドウェスト地区、太平洋北西地区、砂漠のある南西地区、ニューイングランド地区のカーデン他、アメリカを象徴するオール・アメリカン・ガーデンなどの花園がデパートのメイン・フロワーに出現します。
自由に個人で見学もできますが、無料のがイド・ツアーもあります。

メイシーズ(Macy's)のフラワーショー
場所:ブロードウエイと34ストリートの角
期間:2016年3月20日から4月3日まで


アルク ショップ
google検索
カスタム検索
最新記事
Archives
ミュージック
DVD
ニューヨークの天気
Click for ニューヨーク, New York Forecast
ニューヨークの日の出と日没
google
航空券
お薦め