ニューヨーク大好き!

オフ・オフ・ニューヨーク・ツアーズのブログ!(http://www.offoffny.com) ニューヨークのことなら何でも話題にします。

話題

ハーレムらしくなくなる・・・

ホール・フーズ(ハーレム店)
かつて危険地帯として、観光客は近寄るな、とガイドブックなどで注意されていた黒人の住居区ハーレムは、ニューヨーク市警や住民の努力、またニューヨーク人気が上手く働いて、年々安全になっています。
さらに歴史的な古い住宅に住みたいという人や交通の便がいいということで、他の市内の場所と同様に不動産は高騰しています。
長年住んでいると古いアパートの家賃は市議会が決める値上げ幅による値上げなので手頃なのですが、新しい住宅に入居しようとなるととんでもない家賃です。高所得でないととてもでないと住めない。でもニューヨークには高所得の人が多いんです。
高所得の人たちが入ってくるとレストラン、バーやカフェなどトレンディ系や人気のチェーン店も増えてきます。
メインストリートの125ストリートにスターバックスがオープンして話題を呼んだのはもう20年くらい前のこと。チェーン店のレッド・ロブスター、バナナ・リパブリック、H&Mなども根付き、最近はオーガニック系スーパーのホール・フーズもオープンしました。
チェーン店がコミュニティを壊し、どこの街も同じ風景になるという批判を受けて、チェーン店も利点をあげます。
ホール・フーズの開店は、近所にする住民約35人を含む200人の雇用を増やし、シルビア、ハーレム・パイ・マンなど12店以上のハーレム・ブランドのベーカリーやレストランの商品を販売し、オープニング初日の売り上げの5%をハーレムの非営利団体に寄付するというように地元への密着をアピールしています。
人気店の出店は、新しく住み始める高所得の若い人たちには魅力となるでしょうが、昔から住む黒人の住民は、黒人文化のハーレムらしさがだんだん無くなっていくと、嘆いています。


公共交通の混雑解消策

地下鉄駅封鎖
ニューヨーク・シティに住みたい、訪れたいという人が増え、歩道からは人が漏れ、地下鉄はすし詰め、道路は渋滞。
魅力ある都市なのにストレスはたまる。

amNew Yorkというフリー・ペーパーが、世界各国都市を参考にニューヨーク市の交通混雑解消策を紹介します。

1. バスと自転車を優先とする信号機の設置。バスのスピードが5から20%早くなり、自転車の通勤通学時間が10%減少するというもの。(コペンハーゲン)

2. 混雑時間に追加料金を徴収することで混雑を避けさせる。また追徴金は交通、道路、橋などのネットワークに利用する。(ロンドン、ミラノなど)

3. 列車の通路をシンプルにすることで乗車人数が最高10%増加。(東京、トロント、ロンドン、パリなど)

4. バス専用通路を違法に邪魔する車を写真撮影できる装置を設置したバス。違反者は罰金。(ソウルなど)

5. 列車と同様に車が全く利用できないバス専用の路線を作る。(南米の都市)

6. 磁気を利用したメトロカードを廃止し、電子チップ、携帯電話、クレジットカードなどで取り出さなくても通過できる支払い方法を利用。歩行者がスピードを緩めたり、立ち止まる必要なし。メトロカードは1ドル徴収するのにコストが15セントも掛かるそうです。(たくさんの都市)

7. シンプルで多くの人が利用できる立っている乗客の為のつかまえる棒。

混雑解消とは違いますが、低所得者への割引乗車料金、夜に夜光塗料で光るハイウェイ(オランダ)などのアイデアもあります。


ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle

アメリカの住宅にはテラスがない

住宅
ほとんどのアメリカ住宅には、テラスがない。

アメリカでは洗濯物を干すという習慣はないから、日本のように絶対に必要だということもない。
例外として、移民とか、乾燥機を持たない低所得者とか、乾燥機どころか電気がないアーミッシュの人々くらいしか、洗濯物を干さない。

アーミッシュ村の洗濯干しです。
アーミッシュの洗濯物



となるとテラスなんてあっても下手をすると、泥棒が屋上からか近所から侵入する恐れもあるのでない方がいい。
窓の話になるが、転落死を防ぐ為か、窓自体が10センチくらいしか開かない住宅もある。
火事の時は大変だな。
もちろん警報機から消火の設備が部屋についていて、非常通路もしっかりとしているのでしょう。
古い建物だと、非常階段が建物の外、道路側についていたりして、古い映画を見ている人が懐かしがる・・・。

話をテラスに戻すと、テラスがない方が建築的に美しく見えるので、建築家がテラスなしに設計するのかもしれない。


住宅1


散歩していたら、テラス付きの住宅を見つけました。
テラスがあってももちろん洗濯物を干す為ではないでしょう。
夕涼みができるかな・・・。
テラスが広ければ、アメリカの国民食のBBQコンロを置くことができる。
BBQにビール。
夏は最高だろう・・・。
私としてはテラスが欲しい。
洗濯を干さなくても・・・・。
ビールにBBQ。
欲を言うなら、高層住宅のペントハウスの方がいいか・・・。


コミュニティのための壁画

壁画3
かつては治安が悪いニューヨークの代名詞だった落書き。
夜に人気がなくなる倉庫街に描かれる。
地下鉄車両や橋やビルの高層部に描かれた落書きを見るたびに、どうやって描かれたのか、たくさんの人が不思議がっていました。
ギャングの縄張りを示す符号も記されていた為に、治安が悪く、落書きが多い場所へ近寄らざるべからず、という警告でもあった。
凶悪犯罪で亡くなった人を追悼し、人種差別撤廃など人権を訴えた壁画がスラム街の住民の叫びでもありました。

時代は変わり、ニューヨークでは凶悪犯罪が激減して、まだ社会不平等などを訴えるものもありますが、地域を象徴する壁画も増えています。
人に知られないように夜に忍び込んで描くものではなく、お金をもらって描く、プロのアーティストによる壁画です。
コミュニティのアイデンティティーを示したり、住民の結束を高めるために、地域で壁画アーティストに依頼しています。
またレストランなどでも宣伝のために、店舗のシャッターに描いてもらうものもあります。
壁画アーティストたちは非営利団体を発足することで、税金優遇も認められています。
壁画の料金は、壁の大きさやデザインにより、2000ドルから6000ドルだそうです。


壁画2

ギリシャ移民が多いクイーンズのアストリア地区ではギリシャ移民のアイデンティティーが描かれています。

壁画1

1939年の万博を記念とするもの。

壁画

ヤンキース・スタジアムの近くにはもちらんヤンキースの選手の壁画。

ブルックリンのウィリアムズバーグなどのかつて治安の悪かった倉庫街にはたくさんの壁画があり、現在トレンディ地区となり、たくさんの若者が集まっています。洒落たカフェや新しい文化の動きなどを感じることができます。散歩するだけでも楽しい地区が広がっていますが、ブッシュウィック地区など、まだ犯罪が多い場所もありますので、夜に人気のないところを歩くことは避けましょう。

壁画巡り観光をお尋ね下さい。
お問い合わせ



水道管破裂で煙モクモク

スチーム
よくあるんですよ。
水道管が破裂することが、ニューヨーク、マンハッタンでは。
月曜日朝9:30amくらいにミッドタウン、58ストリートの6アベニュー近くでやっちゃった。
また。
日本人がかつてたくさん泊まっていたニューヨーク・ヒルトン・ホテルの近くです。
セントラル・パークにも近い。

今回は水が大量に道路に吹き上げたということはないようですが、ニューヨーク名物のスチームという高温の蒸気を通す管に漏れた水が触れて、白い水蒸気があたり一帯を覆ったそうです。
いきなり白い蒸気で目の前が真っ白でどうすることもできなかったという現場で働いていた人の談話があります。

水道管破裂がよくあるというのは、何せ水道管が100年以上前に埋められたものがまだたくさん使われているんです。交換しろ、というのはもっともですし、実際交換しているようですが、古い水道管は未だに大量に埋められて利用されているために、交換工事をしていてもいつ交換し終わるか、わからないという状況のようです。

年中無休で交換工事をしろ、というのは、狭いマンハッタンは交通状態を引き起こしますし、何より労働組合員の人件費が高い。深夜や週末に工事をすれば、残業代がさらに高い。

ニューヨーク市も水道管だけの為に予算を使えないでしょう。
前述のスチーム管も古いし、ガス管も古い。
みーんな、100歳以上の現役。
笑い事でないですよ。
ガス漏れにより爆破して、死亡者も出ています。
スチーム管が破裂して道路陥没。
ちょうどその上にいた人が大怪我。

管類ではないですが、マンホールは漏電した電気が走って、その上を歩いた犬が感電死ということがかつてありました。最近は聞かないけど・・・。人も火傷をしたとか・・・。
歩道上の地下鉄の排気口の鉄格子蓋ごと下に落ちた人もいるので、歩く時は下を見て注意しなくては・・・。

高層建築現場ではクレーンが倒れることもよくあるので、頭上も注意しましょう。

飛ばして路上に乗り上げるタクシーにも要注意。

音楽を聴きながら、スマートフォンでメッセージをしながら歩いている人にもぶつからないように・・・。

まったくバーチャル・ビデオ・ゲームのよう。

写真はスチーム管工事の為にスチームが舞い上がっている煙突。
気の利いた写真がなくて、すみません。
できるだけ著作権と関係がない、自分が撮った写真を使うようにしています。

“PAPAYA DOG”。
ブロードウェイの72ストリート角の名物ホットドッグ屋です。
2006年11月撮影。


NY州知事タバコ密輸に激怒

たばこ
ニューヨーク州のタバコ税は1箱$4.35で全米一高い税金となっています。
2006年からNY州のタバコ税は160%も値上げされているのです。
(ニューヨーク市ではさらに1箱$1.50を課税)

タバコの喫煙を減らす為に税金を上げた訳ですが、一箱$13以上ともなると、庶民の愛煙家にはかなりきつい。
辞めれればいいがそうともいかないとなると、手が出るのが税金の安い違法タバコ。
アメリカの面白いところは、州ごとの行政が独立しているので、税率も違う。
タバコ税の安い州からタバコを密輸して、タバコの高い地区で販売するということが日常茶飯事となり、現在ニューヨーク州で吸われているタバコの56.9%が他の州からのものとみられています。

ミズーリ州ではタバコ税は1箱たったの17セント($0.17)。
ニューヨークから近いところではバージニア州が30セント($0.30)。

密輸業者はもうかります。
ニューヨーク州の税収が減ってしまいました。
ニューヨーク州知事は怒り、検察官を増やしました。
また罰則も強化し、密輸タバコは罰金1カートン(10箱パック)あたり$600と値上げしました。

アメリカ在住者への免税タバコのお土産は歓迎されますよ。


ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle

インフラ老朽化

橋
先日のガス爆発はとても残念なことですが、起こるべきして起こったこと。
125年以上も前のガス管に亀裂が入り、ガスが漏れていたそうです。
2009年から10万5000件ものガス漏れが発生しており、そのうちの12000件はガス管が老朽化が原因です。

ガス管だけではない。

水道管もよく破裂します。
市内の水道管のおよそ半分は1940年以前に設置されたものだそうです。
驚くことに約1600キロ・メートル分の水道管は100年以上も前のものといいます。
昨年2013年は水道管破裂が403件。
2011年には水道漏れの為に24%も水を失ったそうです。
水道局ももちろん新しい水道管に交換しています。
ただ目標の年58マイル(約110キロ・メートル)分の水道管交換に達していないそうです。

道路も橋も古いです。
高速道路の高架橋を含めて1445の橋の41%が64年以上も利用されています。
165の橋については100年以上のもので、47の橋は直ぐにでも修理の必要があるそうです。

ニューヨーク名物の地下鉄。
1904年からのものです。
信号機の3分の1が寿命とされている50年を過ぎて利用されています。
利用者の増加により、468駅、1861の出入り口の通路、エレベーター、エスカレーター、階段の整備が必要だそうです。

これらニューヨーク市のインフラの修理には、470億ドルものお金が必要だそうですが、今後5年間に掛けて、342億ドルのお金が不足しているそうです。


ヒアリングマラソン特別お試し3カ月コース

レトロ地下鉄と市バス運行2013

レトロ地下鉄
ホリデー・シーズンに昔利用されていた地下鉄車両と市バスが特別運行するという粋な計らいが今年も行われます。

歴史的ノスタルジックな地下鉄車車両は、1930年代のもので、1970年代まで利用されていました。
このレトロ地下鉄は、12月の4回の日曜日(1日、8日、15日、22日)の8amから5pmの間にM路線のマンハッタンの南部とクイーンズのロング・アイランド・シティ間で運行します。

レトロバスは、12月2日から20日の9amから7pmの間、マンハッタンの42ストリート路線で運行します。


アメリカン・エキスプレス

街中のリサイクル

リサイクル・ゴミ箱
リサイクル・ゴミ箱1
ニューヨークの治安が良くなった一つの理由にゴミ箱の増加があります。
タイムズ・スクエアなど観光客が多い場所ほど、ゴミ箱が多く、地域で清掃員を雇って街をきれいにしています。
路上にゴミが散らばると人の心が荒んで犯罪が多くなるのです。
その逆もしかり。

さらに近年ニューヨークではリサイクルが声高に叫ばれています。
タイムズ・スクエアのゴミ箱の写真です。
紙、ペットボトルと缶と一般ゴミに分かれています。
一般ゴミはゴミ箱の上についているソーラー電池により内部のゴミを圧縮します。
ゴミがあふれないようにする為で、とても効率いいですね。
多くの場所で普通のゴミ箱があふれている光景を目にすることも多いですから・・・。


盗難車の成れの果て

盗難車の成れの果て
ニューヨークは過去犯罪が減少し、自動車泥棒もかなり減りました。

先日クイーンズボロ橋の下を通った時に久しぶりに盗難車が悲しい姿をしていたので、写真を撮りました。

盗難車は、中古部品として売られる為にタイヤ四輪が外され、部品が取り外され、さらに証拠を消す為に燃やされました。

昔はこのような成れの果てになった盗難車を多々目にしました。

分解されない盗難車は、通常お船に乗って南米に送られ、第二の人生をおくります。


google検索
カスタム検索
最新記事
Archives
ミュージック
DVD
ニューヨークの天気
Click for ニューヨーク, New York Forecast
ニューヨークの日の出と日没
google
航空券
お薦め